enasyunin's blog

しぬまで暇つぶし

ガンバ大阪の新スタジアムができたことで民間出資によるスタジアムは今後可能なのか。

 

f:id:uhetentyou:20151118195250j:plain

 

最近ガンバ大阪の新スタジアムが完成してサポーターに初お披露目されました。
この市立吹田サッカースタジアムは民間出資のスタジアムとして注目されました。

スタジアム構想のきっかけ


元々ガンバ大阪は万博記念競技場を使っていたが老朽化や陸上トラックがあることによる観戦の不満などがありサポーターが自治体に掛け合っていました。

しかしスタジアムを作ることによるお金、作る場所の確保、作ってからの赤字不安などもあり積極的に動こうとしませんでした。 実際に埼玉スタジアムが毎年4億近く自治体が赤字を補填しています。
また日本W杯会場となったスタジアムの収支状況で札幌ドーム以外赤字続きという話もあります。

 

出資からの建設

 


そこで考えたのが民間出資でスタジアム作ってしまおうという話。法人や個人がお金出しましょうとなりました。
いろいろあったんですが自治体が作るといろいろ政治的にめんどくさいことになるのですが民間出資ならそんなことはありません。この政治的に悩んだスタジアムが京都スタジアムです。

また民間出資なので普通にスタジアム作るよりお金がないので予算を切り詰めて切り詰めて140億にしました。
これはだいぶ安い金額です。
普通でしたら300億、400億、新国立競技場なんて1000億以上なのでお手頃価格です。


建設したら吹田市に寄付することになっています。寄付する理由としてはふるさと寄附金(寄付することによる税金全額免除)をはじめとする各種税制の優遇を受けられるようにするためでありました。
しかしここで吹田市は寄付に条件を付けました。
簡単に言うと老朽化した際の修理費だったり、W杯のための増築や、解体する際のお金は市が出しませんよ。というもの。

そうですよね。赤字になって市が切り盛りするのは大変なわけですから。
ここでガンバサポの反発だったりと大変だったみたいです。


募金は140億達成してようやく最近完成されました。
写真見る限りだいぶ立派なものです。

 

募金の内訳

 


募金は4年ほどで法人99億、個人6億、助成金35億で140億突破しました。
この個人6億はガンバサポだったり個人が寄付した額。
35億はTOTOというサッカーくじ助成金でだしてくれました。
このTOTOは自治体が絡んだスタジアムにお金は出してくれませんが今回民間出資ということで出してくれたそうです。

自分はこの法人が気になって調べたのですがどうもこれガンバ大阪の親会社パナソニックが80億以上出資してくれたそうで少々驚きました。あとは新スタの維持管理費、修繕費や周辺住民対策費、壊す際の解体費もパナソニック吹田市と契約したそうです。

親会社が半分以上も出してくれてます。確かに民間出資ということで注目でしたがパナソニックがここまで出してくれたから成立したのであって普通のチームじゃできません。

民間企業も自分たちに利益がないと出資も難しいからですね。

サンフレッチェ広島がここ最近ずっと新スタジアム建設を掛け合ってるみたいですがやはり民間出資は難しく自治体に頼るしかなさそうです。
民間出資は民間企業に頼るしかなく、個人の募金ですら6億。
6億もだいぶ立派な数字なんですがやはりスタジアムとなるとお金が足りません。

これからもスタジアムは自治体に頼ることになりそうです。

 

またシーズン開始前の2016年2月にこけら落とし試合が行われる予定となっております。

通訳日記 ザックジャパン1397日の記録 (Sports Graphic Number PLUS)

通訳日記 ザックジャパン1397日の記録 (Sports Graphic Number PLUS)

 

 

広告を非表示にする