読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

enasyunin's blog

しぬまで暇つぶし

世にも奇妙な物語~映画監督編~箱感想、ストーリーネタバレ、2015年秋11月

f:id:uhetentyou:20151128103720j:plain

 

こちらは2015年11月28日土曜日21時フジテレビで放送された世にも奇妙な物語25周年記念!秋の2週連続SP~映画監督編~のストーリーのネタバレや感想となっております。

 

先週の〜傑作復活編〜は過去作品から視聴者による人気投票からリメイク作品が放送されました。

ストーリーや感想はこちらです。

uhetentyou.hatenablog.jp 

 

今回の~映画監督編~は、邦画界を背負う人気監督と豪華キャストの組み合わせから生まれる新エピソードを放送しました。

 

 

1話目 「箱」(監督:佐藤嗣麻子、主演:竹内結子

f:id:uhetentyou:20151128110203p:plain

主人公は研究者として仕事をしていましたがいきなり背後から何者かに襲われます。

目が覚めると箱に閉じ込められ、身動きがとれない主人公。

動揺しながらも警察に電話し場所がわからないため逆探知のお願いをします。

その間にも携帯の電池がなくなり切羽詰まった様子。

しばらくすると箱が動きだし、そのことを警察に伝えますがなかなか場所を特定できません。

いきなりパイプオルガンの音が聞こえ驚く主人公。そのことを警察に言い警官をその場所と思われるところに向かわせますがそこに主人公はいませんでした。

警察はいたずらの可能性も考え1度警官の捜査をやめてしまいます。また気づいたことがあったら電話するようにと・・・

 

そこで思考錯誤し携帯のパスワードの解除に成功します。しかし友達や彼氏に電話しますがなかなか繋がらず、その間にも電池がなくなっていきます。

 

突然、現実世界に話は戻ります。

主人公は何者かに殴られたことは事実でした。しかしそこから意識が覚めない主人公。

今まであったことは植物人間である主人公の脳内だったのです。

植物人間となった主人公は永遠とその箱の中から抜け出せることはできませんでした。

 

 

 

 

 こちらは「アンフェア」シリーズを手がけた佐藤嗣麻子監督となっております。

箱の中と主人公しか映らない映像となっており女優の演技がかなり出来を左右するものでした。しかし竹内結子さんの演技が危機迫るものがあり素晴らしい出来となっております。

恐怖で動揺するシーン。警察の無能さに苛立ち発狂するシーン。彼氏に助けを求め涙するシーン。すべて見応えあります。

しかしまさか植物人間の思考の中だったとは・・・

これと似たようなものに乙一という作者の失はれる物語という本に似たようなものがあります。

こちらも後味悪いものとでした。

 

失はれる物語 (角川文庫)

失はれる物語 (角川文庫)

 

 

uhetentyou.hatenablog.jp

uhetentyou.hatenablog.jp

uhetentyou.hatenablog.jp

uhetentyou.hatenablog.jp

uhetentyou.hatenablog.jp

 

広告を非表示にする